藤井二冠について再考察

前回、王座戦で敗れた藤井二冠ですが、ここで見えたチェスクロックとの相性を踏まえたうえで再度考察します。

 

まず、藤井二冠は2019年以降の王座戦の成績が1勝3敗になりました。そして叡王戦の成績は10勝3敗(内、本戦0勝2敗)。

王座戦を2019年で区切っている理由は2019年度からチェスクロックに変わりました。それまでは8勝1敗です。

 

実は、競馬で例えると競走によって馬場は芝生とダートと2種類、さらに距離も1000~3600mに分かれます。
これを将棋で例えると、馬場はストップウォッチかチェスクロック、距離は持ち時間に当たります。

つまり、芝が得意だけどダートが苦手という馬が実際にいます。ディープインパクトも実はダートが苦手というデータがあります。
それと同じで将棋にもストップウィッチが得意という棋士もいれば、チェスクロックが得意という棋士もいます。

現時点で藤井二冠の場合はチェスクロックは111勝20敗、ストップウォッチは104勝21敗。こう見るとチェスクロックがいいようにと思いますが、今度はチェスクロックを棋戦別に分けます。

チェスクロックの場合

順位戦 6時間(B2以下まで) 39勝1敗
王座戦 5時間 1勝3敗(2019年度以降)
叡王戦 1時間(予選) 10勝1敗
叡王戦 3時間(本戦) 0勝2敗 
棋聖戦 1時間(一次予選) 9勝1敗
朝日杯 40分間 20勝1敗
NHK杯 20分(予選) 3勝0敗
NHK杯 10分+1分×10回の考慮時間 4勝4敗
銀河戦 25分(予選) 2勝0敗
銀河戦 15分+1分×10回の考慮時間 17勝3敗
日本S 10分+1分×5回の考慮時間 1勝2敗
他棋戦 5勝2敗

合計 111勝20敗.8473

 

実は半分以上が順位戦と朝日杯で占めており、それを除くと52勝18敗.743になります。
さらに特殊ルール除いた1時間以下の棋戦は朝日杯除くと19勝4敗.826。

このことから推測すると1時間以下は短距離走だから悪手が多くなりやすく早見えと決断力とテンポが大事になってくるけど、3時間とか5時間になると、中距離走になるからペース配分を考えないと後半失速する傾向があります。さらに6時間だと長距離走だから、今度は逆にペース配分よりも考える力が大事になると思うんです。

藤井二冠の場合、考える力はものすごく強い。けど、ペース配分が出来ていない分3時間5時間の棋戦は相手よりも持ち時間が大きく差がつくことがあります。

なので、現状では豊島竜王に勝つよりもチェスクロックでタイトル奪取の方が厳しいのではないかと考えられます。もう少し詳しく言うと王座戦叡王戦のタイトルをとれない可能性も全然あるということです。

 

ストップウォッチの場合

竜王戦 5時間 28勝4敗
王位戦 4時間 13勝2敗
王位戦 8時間(タイトル戦) 4勝0敗
王座戦 5時間(2018年度まで) 8勝1敗
棋王戦 4時間 12勝4敗
王将戦 4時間 20勝7敗
棋聖戦 4時間(二次予選以降) 8勝1敗
棋聖戦 4時間(タイトル戦) 3勝1敗
新人王戦 8勝1敗

合計 104勝21敗.8320

王将戦王位戦はリーグ戦もあるのでどうしても負け数が増えるけど、それを考慮してもそこまで苦手ではないかなと考えられます。ただ、棋王戦はいいところまで行ったことがないがタイトルまでそこまで時間かからないのではないかと思います。

 

まとめ

竜王戦王位戦棋王戦・王将戦棋聖戦は挑戦者になってタイトル取ってもおかしくない状態といっていいと思います。というのも、これらの棋戦では挑決まで行っていて、棋王戦は巡り合わせが悪く挑決でも初戦敗退だったが問題ないと言えます。しかし、王座戦叡王戦は今の藤井二冠のペース配分だと相当厳しいのではないかなと思います。

これ、六冠止まりの可能性も出てきたな。

昨日、藤井二冠と深浦九段の対局がありました。
結果は深浦九段の勝利でしたが、藤井二冠が分から見ると嫌なデータがあるのです。

 

2019年以降の王座戦の勝率が2割5分。
普通に考えると、挑決トーナメントからとか二次予選からと考えるとあり得ない成績ではないんです。しかし、叡王戦の本戦と絡めると1勝5敗。

1時間までのチェスクロックだと(NHK銀河戦JT杯除いて)、38勝3敗と圧倒的に強く、銀河戦19勝3敗、NHK杯は7勝4敗、JT杯は1勝2敗、他5勝2敗。JT杯はトップ棋士ばかりなので仕方がないところありますが、それ以外は69勝10敗とかなり勝率が高いです。
順位戦もB2以下はチェスクロックですが、力の差があって39勝1敗という成績です。

 

チェスクロックの成績は110勝18敗で高い勝率ではある。
しかし順位戦と朝日杯が特別強い印象があって銀河戦も含めた3つの棋戦を除くと32勝13敗と勝率がガクッと下がります。

ここから言えるのが、チェスクロックは実は苦手じゃないか説があります。
というのも、銀河戦は優勝できたけど、NHK杯王座戦叡王戦も時間配分で苦戦していると思います。

いつものだと持ち時間5時間の場合59秒以内で差せば持ち時間減らないことから大体30分~1時間ほど長くなるのですが、チェスクロックだと1秒で差してもその分減る。つまり5時間は5時間ということなのです。

つまり、チェスクロックは時間配分間違えると悪手指しやすくなる傾向があって、ペース配分を考える必要があるのです。

藤井2冠は短い時間のチェスクロックだとあまり苦ではなく決断よく指すことできるのですが、長くなるとペース配分のミスが目立つのです。

そのため、王座戦叡王戦はかなり苦手な方なのではないかと思います。

それを克服できなければ六冠で止まる可能性高く、八冠は出来ないと思います。

この動画上がっていたので、藤井王位棋聖の今年度のタイトル数について考察してみた


www.youtube.com

 

先日このチャンネルで2021年度のタイトルシミュレーションについて上がっていました。で、今回は動画の中身に触れなきゃいけないことがあるので触れながら説明します

まずそこの動画では、最初方のレーティングの値から算出された予想タイトル獲得数が

藤井二冠 2~4
渡辺名人 1~4
豊島竜王 0~2
永瀬王座 0~2
斎藤八段 0か1

となっております。これは10%以上の可能性を対象としております。
そして昨年度から今までで計算すると

藤井二冠 3~5
渡辺名人 1~3
豊島竜王 0~2
永瀬王座 0~2
斎藤八段 0か1

と予想されております。

そこではレーティングに合わせて計算でしたが、このほかに王座戦で三枚堂七段が豊島竜王を撃破したとか考えると実はレーティングでは予想しきれない部分あります。

そのレーティングでは予想しきれない部分というのは、
・藤井二冠はNHK杯JT杯は苦手だけど朝日杯は強い。
王位戦で渡辺名人が予選敗退が続く。
・レーティングでは下だけどなぜか苦手な棋士がいる
こういうことなのです。つまり、レーティングでは予想できないところまでは見ていません。あくまでも統計上の話。

 

ここではそれも踏まえて考えると、藤井二冠に対してのポイントは

・6月6日からの棋聖戦のタイトル戦の勝敗
・日程
この2つがカギになります。

まず棋聖戦ではタイトル戦の挑戦者は渡辺明名人になりました。
両者の対戦成績は5勝1敗で藤井二冠が勝ち越しております。
さらに、この前の朝日杯では1対99からひっくり返しての勝利。

この情報から渡辺名人が劣勢と判断できるのですが、
渡辺名人はタイトル戦はかなり勝率高くストレートで敗れたことは1度もありません。

そこで、現状では約70%の確率ですが、渡辺名人にストレートで勝つのは難しいと思います。
なので、ここでストレートで勝つか3勝2敗で勝つかでタイトル数が大きく変わってくるのではないかと考えております。

ストレートで勝つとタイトル増やす可能性がかなり高く3~5冠は確実になってくると思います。
逆に3勝2敗だとまだ拮抗状態が続くから2冠のままでもおかしくありません。

 

そして日程ですが、仮に叡王戦王座戦も挑戦者になったと仮定します。
そうなると、王位戦叡王戦が同時進行で行われ、日程もかなりハードになります。
さらに、王座戦も挑決トーナメントがあり、王位、叡王終了後王座戦のタイトル戦になります。

あと、この3つの棋戦だけでなく、順位戦ももちろん竜王戦も7月くらいにありますし、他の銀河戦NHK杯JT杯もあります。

そうなると7~9月だけで毎週1~2局は必ずある感じです。これだけなら何とでもなるけど、タイトル戦で王位戦は4日間、叡王戦も3日間取られます。これを含めた形だと週に2局は相当厳しいとなるでしょう。

 

そしてポイントに挙げていませんでしたが、継続中の連勝についてなのです。
中村太地七段は「感想戦でもチャンスらしいチャンあるかと見直したが一つもなかった」

と仰っておりました。この発言はおそらく広瀬八段、松尾八段、八代七段も同じこと思ったと思います。

そこで、この19連勝をどう分析するかですが、かなりレベルが高すぎる連勝なので個人的には最低では6月6日まで連勝が続くのではないかと思います。その上で棋聖戦ストレートだと今年の予想成績は65勝7敗勝率.915まで上がっても驚きはありません。さらに、7冠制覇してもおかしくありません。

続・続・コムドットについてどう思っている?

凄いデータがあったのでそれについてまず語ります。

コムドットは2020年10月17日の動画「やまとの活動休止処分に関して。」という動画で当時27万人で、現在179万人で半年で150万人増えたのです。

この伸びは実は芸能人除いて考えた時、異例中の異例。大偉業を成し遂げたと言ってもいいかと思います。

というのも100万人増やすだけでも最初からでも普通は1年以上かかる場合が多いです。ヒカル、カジサックで約9ヶ月。フィッシャーズは4年、東海オンエアも2年7か月かかってます。さらにコムドットは100万人達成までは2年4か月かかって、そこから80日で79万人増やした計算なのです。

これはペースで言うと東海オンエア以上の驚異的なスピードで年内350万人も可能性無くもない状態なのです。さらに言うと100万から300万人でもフィッシャーズ以上の驚異的なスピードになります。

そこはスピードの話ですが、未来像を考えた時コムドットはレッドオーシャン化したYouTubeの救世主と言ってもいいのかなと思うんですね。というのも、東海オンエアも思いついても年齢的にキツく避ける企画が今後増えてくると思います。さらに、ヒカキンさんも30回っているし、水溜りボンドもYouTubeで一回りしちゃったし。その上芸能人が参戦してきて、まさに血の海の状態になっていると思うんです。
しかし、コムドットが参戦してきていいYouTuberが出てきたのはかなりいいことだと思うんです。

 

んで、今東海オンエアのファンがコムドットのことに苦言を呈しているとかよく聞くけど、当事者同士は憎しみあっているとかそういうことではないと思うんです。が、いい意味でコムドットやまとは「絶対に負けたくない。ライバルと認められるように頑張る」と言っているし東海オンエアの虫眼鏡も「譲る気はない」と言っていて、互いに意識はしあっているもののYouTubeを一層盛り上げようと頑張ろうとしている雰囲気がうかがえました。

というよりもその4か月前の発言で大炎上したのですが、それも実は自分らを追い込んでもっと頑張ろうと奮起させるための発言だったのかなと個人的に思います。
まあ、その発言は他のYouTuberにも目は行っているものの実はそんなに気していないらしく。新たなYouTuberが出てくることにウェルカムだったりします。本気で怒っているYouTuberはおそらくいないでしょう。

 

 

また気になった点があったら続きという形で書きたいと思います。

続・コムドットについてどう思っている?

 

eienteicomac.hatenadiary.jp

 

前回取り上げたんですけど、前言撤回ということではないがこの動画でまだまだ伸びる感じだと思いました


www.youtube.com

これ、カジサックのチャンネルで感じたことですけど、チャンネル作り自体は確かに東海オンエアと似ているけど、東海と負けぬ力あると思います。

分かったことを言うと、東海オンエアって実はキャラ・個性にバラツキがないグループでとしみつが飛びぬけて変なこと言う以外はそこまでメンバーの個性に差がないけど、コムドットは個性がありすぎる。カジサックがものすごく扱いやすかったのではないかと。

実はYouTubeでもう一つ必要となると個性。例えばテレビでも企画が面白いとかはもちろん求められますけど、大島児島さんのようないじられキャラだったり、フワちゃんみたいなタメ口キャラだったり。実は水溜りボンドもそうだけど個性が発揮できないYouTuberが実はかなり多いと思うんです。東海オンエアもそうです。

しかし、カジサックはYouTuber以前にキングコングの梶原でもある。ゆうまさんみたいなキャラが大好物。つまり、個性を尊重したうえでイジることが多い。他にも堤下さんもツッコミで笑いを取る人だし、芸人YouTuberはそういう点が本当に強い。
つまり、その個性が爆発的なヒット生むことがあって、コムドットはそっち向きではないかと思います。だから企画がある程度でも成立はするのではないかと。
さらに、個性は隠すとピークが存在する。けど、個性を晒したほうが視野が広くなるからピークが無いわけでもないですが、ピークを先延ばしすることが出来ます。

 

さらに、今後企画力が追いついたとき東海オンエア超えると行くかどうかは微妙だけど企画だけの3000万再生とかもあるんじゃないかなと思います。つまり、2年後が楽しみですね。

 

あと、これは前言撤回だけどフィッシャーズと東海オンエアと肩並べるくらいの登録者数になってもおかしくないと思います。

再び20連勝超えへ…

 現在、藤井王位棋聖が19連勝中で20連勝に王手という状態です。

しかし、2回20連勝達成した棋士は一人もいません。

羽生九段でも22連勝と18連勝が2回、丸山九段も24連勝と18連勝でした。

 

何故将棋で20連勝が2度目がなかなか出ないのか?

答えはかなり簡単でほとんどの棋士が六段以下で達成し、下位クラスの棋士との対局が多かったのと年齢が若く成長途中だったと考えられます。ただ、有吉九段は49歳の時に20連勝という記録がありますが、これは例外といっていいでしょう。

 

しかし、藤井二冠の2度目の20連勝は羽生九段の92年の時に似ている状況で、
A級棋士と当たったりと29連勝の時よりも景色が全然違います。

さらに、藤井二冠は今期からB1ですが、羽生九段はB1の時に22連勝でした。

 

ただ、この19連勝は92年の羽生棋王(当時)よりも大変かもしれません。
その間にあったことで、竜王ランキング戦2組優勝。朝日杯将棋オープン戦で優勝。叡王戦8段戦C組優勝。

しかも、この19連勝の中に渡辺名人、豊島竜王、広瀬八段(3回)を倒しています。

 

そして、29連勝再びという話も出てきていますが、はっきり言うと無理です。

無理という理由の一番が棋聖戦が例年6月の頭からタイトル戦開幕で、そこを3タテしないと29連勝にたどり着かないのではないかと思います。さらに、王座戦の挑戦者決定トーナメントもあります。

と考えると、いくら何でも完封試合を重ねている藤井二冠でもあと10連勝は厳しいのではないかと思います。

 

しかし、王座戦の挑戦者になって、棋聖戦でストレートで防衛したらとんでもない連勝記録が起こるかもしれません。30連勝40連勝の可能性はあるかもしれません。さらに今年度で60勝5敗とか訳わからない大記録が生んでいるかもしれません。

ただ、現在18歳の少年がこの記録が本当に出来たら、藤井八冠時代幕開けかもしれませんね。そして止めるのが伊藤四段(八冠阻止時に七段)かも。

 

コムドットについてどう思っている?

これ、結構難題ですね。
というのも、まずはこの動画をご覧ください

www.youtube.com

ここでは東海オンエアとコムドットと比較していますが、実はコムドットは水溜りボンドにも勝てないと思います。

というのも動画では世界観がコムドットの魅力と語ってますがまさにその通りだと思います。世界観だけだとブレイクする動画はあります。けど、それはコムドットに合った企画で他のYouTuberがやっている企画でバスったのかもしれません。そういうのって3回くらいはそんなもんだけど、何度もやると飽きちゃうのです。コムドットは必死に伸ばしたとは思います。けど、東海オンエアより体を張らない。企画力という点で水溜りボンドより全然劣る。と考えると今は伸びているが正しくて250万で止まるかなと思います。

さらに、芸人YouTuberのカジサックと比較します。同じ日(2018年10月1日)に始まりました。

カジサックの最初はただ単に宣伝呼び込み効果で初速は早かったですが、伸びが止まる前というか2週間経たないうちに南海キャンディーズの山ちゃんを入れてトークしたところ500万再生以上とバズってこの企画が人気コンテンツになりました。

これを考えたときに特化と考えるとコムドットにはありません。なので人数や平均再生回数でカジサックを抜かすことできても再生数の最高記録で抜かせるかというとかなり微妙です。

なので結論は

様子見です

ただ、2年半となると大体方向性が定まっていくのですが、世界観で勝負しているのかYouTuberとしてはまだまだな部分が多いかなと思います。