返信を兼ねての個人の評価値放送の捉え方

  

eienteicomac.hatenadiary.jp

 

 

ツイッターで返信があったのでそれについて書きたいと思います。

 

まず、評価値放送はグレーゾーンと言っていますが、僕は全然OKだと思うんです。

その理由をわかりやすく言うと、
例えば「アニメを見ながら雑談する」という放送をする場合、その映像を載せるのは著作権の侵害に値する。さらにアニメの内容など言うというのも著作権に引っかかるかどうかは別としてネタバレという観点からよくない。
だけど、アニメ放送中はリアクションのみでアニメ放送終了後どういう展開になるか議論するという放送はOKなんです。それは、「今日の日本シリーズ菅野と千賀が先発だから投手戦になるんじゃないかな?」と言っていることと一緒。さらに日本シリーズ見て「よし!」とかそういう風にリアクションってすると思うんです。

評価値放送も候補手と評価値のみなら上記の状況と一緒だと思います。つまり、議論という風にとらえられるのでは?ということなのでOKだと思います。

ただ、局面図や棋譜はその放送の映像載せるのと一緒になるのでNGなのだと考えてます。

 

それと、将棋ソフト使っている時点で評価値と候補手だけ流しても、棋譜利用にあたるのでは?と思いますが、評価値と候補手だけでは優劣はわかっても局面は見えていません。なので棋譜利用したとはみなせないと思います。

放送者の意図はわかりませんが局面を見たいなら携帯中継やABEMAなどで見てくださいと言っているのだと思います。

 

あと、それを公式にすればいいというのは違うと考えていて、YouTubeで常設放送しちゃうとそれこそ新聞の将棋の記事、観戦記、ABEMAの将棋チャンネル など見る意味がほとんどなくなりスポンサー撤退につながるのではないかと考えてます。

というのも、常設放送になるとABEMAの放送の意味がなくなります。さらに連盟のアプリも意味ありません。そして、大盤解説がなくなります。そうなると、将棋連盟の収入が大きく減る可能性が高いと思います。それに付け加えて、YouTubeの広告収入で賄えるかというと無理だと思います。そしてスポンサーも観戦記とか見る機会が減り減収の可能性もある。つまり、YouTubeで公式放送は厳しいと思います。

将棋の評価値放送はどこまでOK?

今日ネットサーフィンしていたら評価値放送について問い合わせてみたという動画がありました。

今回はそれについて考えていきたいと思います

まず放送で言っていたことは

  • 王将戦では対局中の棋譜利用は承諾していない
  • ただ、他の棋戦では申請あれば棋譜利用できる場合がある(ただし、条件があり)
  • 棋譜利用している番組を見つけ次第削除要請はしている。(ただ、要請なので実際BANになっていないことのほうが多い)
  • 評価値放送は棋譜利用に当たらないから削除要請はされる可能性は低い(?)

という風な感じでした。

さらに過去にも棋譜に関して「私的利用の範囲超えての棋譜を利用する場合は事前申請してください」と求めています。その上で申請しているものもいるようですが実際のところそれは認めていないらしいです。

なお、王座戦ガイドラインが策定し棋譜利用に関して明確化した。他の棋戦も各棋戦主催者側と協議中らしいです。

 

そして、その放送と棋譜利用のニュース記事読んで思ったのが、棋譜利用は完全にダメではないみたいですが*1リアルタイムでやることによってそっちに視聴者が行っちゃう。それが増えすぎると新聞の将棋の記事、観戦記、囲碁将棋チャンネルなど見る意味がほとんどなくなりスポンサー撤退につながるということ。だと思います。

 

それで、なんでここまで増えたのかというと一つは電王戦。それはAIの評価値をを見ることが出来、さらにコンピューターVS棋士の対局もありました。

その上、藤井二冠がデビュー戦から29連勝で数々の最年少記録(本日も200勝最年少記録塗り替えられました。)打ち立てて活躍していることから需要が伸びて、ABEMAでも400万再生される対局もありました。

つまり、棋譜を無断で使用は本当にいけないことですが、その放送をするくらいみたいということは人気の証だと思うんですね。ただ、本当のファンならABEMAなど公式の放送を見てください。そして、その対極について黙っているか評価値放送を見るかにしてください。

 

追記:

なお、僕は藤井二冠の活躍で見る将になったものです。そこから藤井二冠以外の棋戦とかも見るようになりましたし、将棋の放送も面白いと感じるようになりました。だからこそ、ガイドラインの枠を超えての放送はしてほしくないと思います

*1:対局後は一定の条件ならOKらしい

ガールズ&パンツァー最終章 第3話が2021年3月公開されるようで

というわけで、久々にガルパンのみのお話

 

 

eienteicomac.hatenadiary.jp

eienteicomac.hatenadiary.jp

eienteicomac.hatenadiary.jp

 というわけで、4回目の記事です。

先日15日ガルパンの生配信特番見ていましたが、公開が2021年3月になることです。

これ、計算上だと最終話が2026年になるんじゃない?

 

 

それはさておき、ガルパンのアニメの印象って1話1話の内容が濃い。これは以前も言った気がしますが、全部が繋がっていて逸れた話が1話もないのです。なので、映画観る前にもう1回全話(アニメ・アンツィオ・劇場版・最終章全部)見ようと思います。

― ガルパンのどこが好き?

好きなところいろいろありますが、一番は人間関係かな。
というのも、部活(の試合)を舞台にしたアニメという風には見ておらず、その戦車というのを通じたその人間関係のドラマが一番の醍醐味だと思うんです。

12話の最後のシーンは本当によかったな~。

― ガルパンの好きなキャラは?

実は好きな作品ほど好きなキャラクターというのは本当になく、作品で見ちゃうことが多い。ただ、もっとらぶらぶ作戦ですも含めると、(五十鈴)華さんですw。まあ、らぶらぶ作戦はキャラの主張が結構激しいからねww柚子ちゃんのキャラはある意味崩壊ものですがwww

 

 

んでここからは最終章第3話の話

第2話の時、大洗が敵役に見えたのかなんか知波単頑張れって思った。それぐらい最後のシーンでグッときたのです。その続きが第3話ですが、どういう感情で見ればいいかわかりませんwww。

ただ、突撃の先にというキーフレーズがあったけど生まれ変わった知波単がどう活躍してどう結果になったのか気になります。あと、サメさんチームとほかとどう歩み寄るのか。第3話も見どころ多そうです

久々にTVの話したくなったな~。

というか、流れ星が何でオンバトで結果出てM-1で結果出ないか分かった。

 

 

という話をします

というのも「ゴットタン」をTVerで見ていて流れ星の不仲というか足の引っ張り合いについて見ていて、それはそれで結構面白かったですが、
なぜ流れ星が大きい結果が出ていないかについて書きます。

 

まずゴットタンを見て最初に思ったのがTAKIUEという改名の時点でダメだと思った。改名自体はいいとしても相方相談なしはアカン。というか、ちゅうえいの言っていることがいいか悪いかは別として、自分は間違ったことしていないオーラが怖い。さらに、イジられることも嫌みたいだから本当に厄介な生物だなと思った。

見ていくうちにTAKIUEが「ネタ作っているの俺」とか「ギャグも半分俺」とか言っていくうちにこいつの離婚の原因ってこういうことかというのわかりました。というのも、ネタ作っているの俺だから見返り欲しいと言っているということは相方を認めていない。漫才・コント師って分担化して伸びていくのが普通だと思うんです。片方はネタ作りに専念し、片方はメディアとかに出てアピールして。そうすることで次第にコンビの価値観が高まるのではと思うんです。

他にも見てていろいろ思ったが、

オンバトで1度も負けたことないのにM-1の決勝に残っていないな~」

これ思い出したときに、ゴッドタンの前編だけ見て感じたのがちゅうえいの意見を素直に聞き入れていたらM-1優勝も全然あったんじゃないかなと思うんです。さらに、瀧上(めんどくさいからこっちにするw)が常識知らなすぎるのはいいが勉強しないのも違うな~。

 

最初に書いた「流れ星が何でオンバトで結果出てM-1で結果出ないか分かった。」を一視聴者観点から理由を書くと、徳井の一言「「ちゅうえい、ごめんな。来年頑張ろう」と一言も言えてないのに、「ありがとう」だけ貰うのはちょっと違う」に尽きるかなと。ちゅうえいはなんとかネタ作り参加しようといろいろ意見言っているが、なかなか聞き入れない。それってM-1で結果残していないのって自分の責任ではないと思っているんじゃないかと。瀧上が。徳井のその一言あれば違ったのかなと

 

アニメの評価について

99人の壁でアニメ関連を特集していましたが、うちが本気で好きだった、良かったアニメをTOP20を上げます。(点数は100点満点)

なお、参考までに1年半前に記事

eienteicomac.hatenadiary.jp

 

1位 99点 ガールズ&パンツァー

2位 96点 ドラゴンボールZ

3位 95点 新機動戦記ガンダムW

4位 93点 ドラゴンボール

5位 92点 けいおん!

6位 90点 ガンバリスト駿(ガンバFly High)

7位 88点 Dr.スランプ アラレちゃん

8位 87点 新世紀GPXサイバーフォーミュラ

9位 86点 スレイヤーズ

9位 86点 スレイヤースNEXT

 

11位 84点 覇王大系リューナイト

12位 83点 機動新世紀ガンダムX

13位 82点 マクロスF

14位 81点 幽遊白書

15位 80点 ポプテピピック

16位 79点 一騎当千

17位 78点 らき☆すた

18位 76点 花咲くいろは

19位 75点 艦隊これくしょん-艦これ-

20位 72点 涼宮ハルヒの憂鬱

(参考 鬼滅の刃 あらすじだけで85点)

 

1年半前と変わっています。
完全に点数化して順位で表しましたが、付けるのがしんどい。。。
特にTOP10は思い入れが強かったり、意表突かれたり結構迷いました。

ガルパンだけは特別かなというのはありますね。というのも、作品自体1㎜も知らないオッサンがスロットやって感激した時点でものすごくおかしい人間ですがwでもね、アニメや映画みてさらにヤバかった。それだけ感動しちゃった作品です。

ただ、それとほぼ同じ状態なのが鬼滅の刃なんです。というか、あらすじだけ軽く見ただけで久々にジャンプの作品で面白そうな作品だと思います。だから、1回無知の状態で映画見に行きます。それからアニメを見返そうと。(漫画は4コマや短編ギャグならだいじょうぶだけど、それ以外は読むのが苦手)

 

 

YouTubeで上げない動画について

細部で上げる上げないはあるかと思いますが、このジャンルだけは絶対に挙げません。

ゲーセンのプレイ動画

これは本当に上げません。

理由がちゃんとあって、

① メダルゲーム以外腕前は本当に下手くそ。
② 撮影許可が厳しい
③ 他のお客さんに迷惑かかるから

 

この3つです。1、3はその名の通りですが、
2はうちの地域は許可が出る可能性は限りなくゼロに近いです。

というのも、うちのマイホなどで人の出入りが常に多いところだったり最初から動画撮影NGというところあるから、それはできないのです。

 

それとこれとは別の話ですが

撮影OKが諸事情でNGになったところが出ているみたいで、
本当にマナー守らない人がいることに憤りを感じます。(実際被害にあっているわけではありませんが。)
ただ、うちはそういうところでの撮影しないから関係ないかもしれませんが、これと別の種類でも言われる可能性はあると思うのです。だから、信頼関係保つためにはマナーを守ることが大事。やりすぎはアカンということですね。

 

 

なお、ゲーセン動画は上げないのですが、それ使った企画とかはします。ただ、店内の動画撮影はしません。(17年前にマジアカの旅のようにそういう風な感じのゲーム撮影なしのような感じ)

YouTubeについて(第7報)

ようやく形が見えてきたので報告します。

7月いっぱいでニコ生の放送とうたスキのランカー争いを終了して、8月からいろいろとYouTubeの撮影方法を試行錯誤し、9月にロケでどういう感じかというのを試していて、大分形が煮詰まったので、本格始動したいと思います

 

ラジオ

9月12日~ 毎週土・日曜日 8時公開(動画時間10分前後)

 

動画

10月3日~ 毎週火・金曜日(状況によって別日に公開の場合あり)20時公開

 

ラジオは基本的にしゃべりたいこと中心で、音声のみがメインでたまに画像流す方式。
動画はパズルやカラオケメインの企画がメイン。それ以外のこともやる予定。

 

しばらくはこんな感じでやっていきます。

 

なお、収録に関しては自宅以外の場所で行っております。

 

※公開初日を間違えていました