【声優考察】林原めぐみが最強すぎた件

初めてになりますが声優考察を書きたいと思います。

最初が「林原めぐみが最強」の件です。

林原さんは90年代から長い間活躍されていて今も第一線という印象がどこかあります。

その理由が、歌手としても声優としても大活躍。

実は両方とも大活躍することは難しいのです。

 

声優として凄いというのとか歌手として凄いというのは今も昔もいますが、両方活躍がそこまでいない理由が本業はどっち?ということだと思うんです。

というのも、一番わかりやすいのが椎名へきるさんの例。
彼女の場合、歌手としての活躍は一流並かと思います。そりゃ、声優で武道館ライブ初めてやった人だし、Mステもそうだし。声優アーティストという枠を作った一人でもあると思います。

しかし、当時ラジオの共演者のよゐこの濱口から「(ネタで)歌手でしょ?」という風なこと言われたりしていましたが、当時の僕もそういう印象ありました。その理由でへきるさんの出演作品1つしか知らなかったから。つまり、歌手活動にほとんど重点的に置いていたのかと思います。

ただ、水樹奈々さんもへきるさんよりも声優活動はしているとは言え、アーティストの印象が強すぎると思うんです。て考えると、歌手としての人気の方が声優としての人気を大きく超えているのではないかと思います。実際に声優ということは知っているが歌手・水樹奈々の印象が強い人もいると思います。

 

林原さんの場合は声優としての人気も歌手としての人気も両方得られた唯一の人と言っていいのかと思います。例えるなら今でいう大谷翔平選手のような存在。

歌手として結果残していて声優でも絶大な人気ですし。さらに彼女の代表作=主題歌というのもそれなりにあるのが大きいです。

例えばスレイヤーズシリーズでほとんど主題歌担当だったりシャーマンキングも主題歌。その上、主役もしくは準主役級の声を担当していました。

そう考えると、声優としての比重を置いてはいたけど、歌手の一面もちゃんとあった。ただ、林原さんの印象に顔出しNGではないが出演好んでいない印象が強かった。それは、「声優として」という活動を疎かにしないという意味なのかなと思う。

彼女は歌手としても当時は絶大な人気で、今も破られることないだろう記録もいくつもある。シングルの初動売り上げ週間10万枚とかアルバムも40万枚近く売り上げは抜かれることないと。しかも声優で歌手活動を大成功収めた人。しかし、ライブはデビューから26年間一切やらなかった。その理由が「声優として」を重視し、ライブの影響でアフレコの時間取れないことから断っていた。だから。2017年にライブ行われた時は本当に驚いたね。

そしてアニメは看板が多すぎる。
綾波レイ、リナ=インバース、灰原哀、恐山アンナ、早乙女らんまなど
やっぱり、この人じゃないと出来ないキャラが多いと思うんだよね。そういう印象を植え付けるということは実力も凄いという証拠だと思います。

 

 

まとめとして、今の声優業界に言うならばちゃんと声優としての仕事をしているかということを言いたい。その理由に今の声優さんってテレビ出すぎの印象が強い。林原さんは歌手活動していたけど、声優としての活動を疎かにしなかったから今も一定の人気がある。だから、両方で上回ることは無謀だけど、やっぱり声優である以上は声優に重視し邁進すべきではないかなと思う。

鬱が悪化しかけていました。

実はツイッターで言っていましたが、職場の人がコロナに感染して2週間ほど会社休んでましたが、その裏で自分が鬱になりかけてました。

その要因が、同僚のコロナ感染による心身的な負担がものすごく大きかった。2月に入ってから同僚が戻るまではブログは書いていない。ツイッターも2回だけかな。

ここまでだと割と普通だけど、ボーっとしている時間がいつもの倍くらいしていたり、土日は18時間くらいは睡眠か昼寝だったかな。とにかく疲労が全く取れない状態でした。あとは一人の時よく泣いていました。

それでも、何とかヒトカラとかしてリフレッシュしようとしたが、カラオケ始めると4曲くらいで睡魔が襲って来たりとにかくおかしかった。パズルも解ける問題が解けなかったり。

本当にあと数日同僚の復帰が遅れるとかだったら、多分大事になってた可能性はありましたね。精神科にも行ったりとか会社も長期休暇取ったりとか。

 

けど、2月9日に同僚が復帰してくれてありがたいは違うか。
でも、それで大分安心できたのが大きく今は大丈夫です。

2022年のM-1の審査員誰が参加したほうがいい?

今日はこのお題で話します。

というのも、上沼・巨人がやめるという報道で次にどういう人が入ったほうがいいかというのを考えてみます。

まず、タイプ的に見ると

上沼:ネタの好き嫌いはっきりしている。技術と面白さを半々で見ている
松本:ネタを重視している。他の漫才師と比べる傾向がある
礼二:構成を見る傾向が強い。
富澤:会場の笑いの量を重視している。
志らく:ネタの真新しさに対し高得点付ける
塙:分析家。つまり、加減方式でつけている
巨人:総合的な判断

ざっくりだけど、こういう感じだと思います(個人的観点)
志らくの点数でトム・ブラウン97点、ジャルジャル99点、ランジャタイ99点はそういう傾向でありきたりよりもそうなのかなと。
こう見ると、上沼の審査は論外と言いたいところだけど、こういう人がいないとバランス取れない。巨人の審査も細かく見ているが人間味の部分も結構見る。つまり、この2人が抜けるのはちょっと大きいかと。

そこで次の審査員になるけど、ノンスタの石田は絶対にダメだわ。
その理由が、塙よりも分析家。つまり、動画で思ったのが「M-1」というのを強調というのは漫才を競技化に加速させるのではないかと。そういうのになるとみんながM-1用の漫才作る傾向になって、寄席の漫才ではなくなる。つまり、芸人人生を短くさせると思う。だから、スーパーマラドーナの武智もそうだけどM-1に対し強く思う人は入れるべきではない。

となると、パンクブーブーの佐藤は審査員に凄く向いていると思う。というか、巨人の後継でもいい感じがする。というのも、いろんな漫才のネタを見て分析はしているけど総合的に見ている感じが強い。その上、講師もやっているから教えるという意味でも入ったほうがいい。

もう一人は結構難しい。構成作家でもいい気がするし、漫才を専門じゃない人でもいいと思う。ハリウッドザコシショウや小峠らへんでもいいかと。漫才師だとやっぱりM-1チャンピオンの選出になるのかな

 

年頭のあいさつ

あけましておめでとうございます。

 

というわけで、今年からどうやってブログ書いていこうかなと考えてますが、こっちも最低月に1回は上げれるように頑張ろうかな。

 

それで、うちはアフィリエイトで儲けようとかそんなことは全く考えていません。というのも、昨日書いたことに近い理由で収益化する意味がないと思うのです。

うちが収益化するならオリジナルを作らなきゃだめだと思うんです。例えば、毎週どこか出かけて探索レポだけのブログとかなら収益化しようかと考えます。

まあ、現時点でこうやってダラダラと書いたブログですが、
今年は将棋ブログを週1ペースで上げれるように頑張って、もっと戦形とか歴史とか勉強していきたいと。こっちは月に1回報告会になると思います。

YouTubeはやりません。と言いたいところですが、今年はネタができたら動画にしてこっちで上げようかなと思います。ニコニコは生放送のみかな。でもたまにしか上げない上に活動もほぼ停止状態だからそろそろYouTubeに完全移行もありかな。

そして、今年大洗に散歩旅で行こうかなと考えてます。
というのも、ガルパンの聖地だからというのも一つだが、大洗から那珂湊へ行って観光しようかなと。つまり大洗で1泊して那珂湊にいってゆっくりとしたいかな。

 

長々となりましたが今年もよろしくお願いします

とある将棋チャンネルの話

とある将棋チャンネルが「自動生成された、繰り返しの、価値のないコンテンツ」という理由で収益化停止になったようです。

実はその前にうちは離れたのですが、離れた理由がこちらに書いてあることです

terumokosho.hatenablog.c

そこでは勉強不足とかいろいろと書きましたが、もう一つ言っていなかったことがあります。それが、ほぼコピー&ペースト。コピペ自体は悪いわけではありません。というのもいろんなチャンネルでも取り上げてます。ただ、引用先のURLを掲載することが大事なのです。特にレーティングに基づくならなおさら掲載する必要あると思います。

あと、感想戦途中に動画上げることがあるのですが、あまりに早すぎると思うんです。それも結果知るだけならいいが、動画として価値あるかというとうちは無いと思います。

つまり、こんな感じだとスパムというと全然違うけど、他の動画、記事からコピーして作った。すなわち自動生成された感じと言われても仕方がないかなと思います。

さらに、背景が全く変わらないのも問題の一つ。あっちでは少し配慮してコメント書きましたが、こっちでズバッと言うなら。

「動画を公開する意味ある?」

この一言に尽きます。
その理由が簡単で背景を変えない、盤面で解説らしいことを書く、結果を出す、レーティングに基づいての算出。それってブログで十分じゃない?ということ。

動画にする意味を考えた時どうしたらいいか。独自の目線の解説が必要ではないかと。ニュースで5W1H(いつ、どこ、誰、何、なぜ、どうしたか)ということ聞くと思いますがそれに独自の意見をプラスするといいと思います。例えば「藤井竜王が80%でタイトル防衛するでしょう」で終わると単なるニュースで終わる。しかし、「藤井竜王が80%でタイトル防衛ですが、4時間のチェスクロックだから最終戦までもつれると思います。」で終わると見た人は「いや、藤井竜王は将棋星人だから3連勝で防衛どころか30連勝すると思います」とか「いやいや、相手が伊藤匠八段(仮定)だから防衛できないと思いますよ」とかいろんな意見が言えると思います。

今の場合、簡単なオリジナリティの例ですが、そういうのを出せばまだフォローは出来ます。しかし、今の状態だとフォローできません。それどころか、YouTubeも将棋も勉強し直してからやるべきではと思います。

東海オンエア 勢い落ちた?

コムドットの話は何度かしましたが、東海オンエアは半年ぶり。

 

今回は現役最強と言われている東海オンエアですが、最近暗雲が出てきたのです。

 

今年の11月のランキングで

コムドット 1.49億回
48-フォーエイト- 1.48億回
フィッシャーズ 1.2億回
東海オンエア 1.07億回

過去30日間でも

コムドット 1.63億回
48-フォーエイト- 1.45億回
フィッシャーズ 1.28億回
東海オンエア 1.36億回

(2021年12月19日現在)

で、コムドットが勢い増しているのは分かります。しかし、東海オンエアは下がっているのでは?と思います。

というのも、投稿から24時間以内で100万再生が今年だけで5件くらいあったと思います。これ自体でも相当凄いことだけど、コムドットは今年は100万切ったことは無かったと思います。

かつて、東海オンエアが年間1位獲った時100万再生どころか200万再生に迫ることもありました。

何故勢いが落ちたのか?
その理由が明確で、他のYouTuberとの絡みがほとんどないということ。
実は独自企画だけだと行きつまる可能性は結構高く、東海オンエアはそれをずっとやってきたのです。しかも、勢いは衰えずに来ましたが、ネタがそろそろ尽きてきたんじゃないかと言ってもいい状況に。

そして、以前虫眼鏡さんが言っていたことで「東海オンエアは基本撮影日決まっていて~」と。この文脈から前回は「ビジネスパートナー」と言いましたが、全員がYouTubeに全力で向き合っていないんじゃないかと。さらに、天狗になっていると言われても仕方がないかなと。

その理由が、東海オンエアは自然に増える可能性が高いグループ。
そりゃ、企画力自体は高いからついてくる人は多いです。
しかし、危機感がそこまで持っていないグループでもあるし、熱量も他に比べて低い。

実はコムドットのあの発言の時、虫眼鏡さんはちょい上から目線で言っている感じでした。しかし、スカイピースのお二人はコムドットの影響で400万人達成しましたし、フィッシャーズも以前のような勢い取り戻すために3週間で22万人増やすと目標立てましたし。シルクさんはコムドットの評価は結構高く、熱量も凄いと。

最近になって、コムドットが東海オンエアを抜いた感じになって、それでも東海オンエアが「すごいな」だけで終わっていると思うんです。それがいいかはわかりませんが、スタイル自体は変えるつもりはないみたいです。そりゃ当然ですよね。それで大成功収めたグループですから。

 

今後東海オンエアはどうなる?ですが、不祥事や炎上起きたら水溜りボンドと同じ一気に下降するのではと思います。

フリーに働くか。

実は今日のこと。

というのも、昨日は休業日だったが班は解除する方向で考えてました。

しかし、うちだけ休みとったのです。見方によってはズル休み。

 

これには理由あって、休む理由は自由に物事をやりたかったが正しいのです。

うちの班は基本連係プレーが大事になって、それができないと一方に負担がかかることもあるのです。さらにうちの場合班長というポジションながら聞かれることも多く、それで乱れることも。あと一人の作業の時もありますが、大概出来ないことが多かったりします。その結果、朝6時半から夜7時過ぎまで働くのです。

んで、何も気にせず仕事をしたいと思い、作業を一人作業だけを昨日と今日にして好きに働くため休日出勤選びました。

やっぱり、誰もいない中働くことは寂しさは多少感じますが、自分が思った通りに動けるのでストレスはいつもよりか溜まることはないです。その分考えることは多いかもしれませんが。

それと、昨日は旅行に出かけて大洗でサガットを食べてきましたが、溜っていることをリセットするのも大事で、今日はそれなりに出来ましたね。(ただ、別の意味でブチ切れましたが。)